NEWS

2016
09
30

第3回 国際次世代農業EXPOに出展します。

第3回 国際次世代農業EXPOに出展します。

拝啓 貴社益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、このたび幕張メッセにて10月12日より開催されます第3回国際次世代農業EXPOに弊社ブースを出展する運びとなりました。
現在業界でも注目されている製品をそろえ、詳しい製品説明をさせていただく予定でおります。
みなさまお誘い合わせの上、是非足をお運びいただきますようお願い申し上げます。
敬具

展示会名:第3回国際次世代農業EXPO
会場:幕張メッセ
会期:2016年10月12日(水)-14日(金)
時間:10:00~18:00 ※14日(金)のみ17時終了
ブース名:7-32(日本サーキットブース内)

展示内容:
■温室におけるエネルギーの効率化とコスト削減
■ドローンによる精密農業
■ドローンによるワイナリーでの精密農業の実証実験
■再生可能エネルギーとエネルギーマネジメントについて


PDF 案内状ダウンロード
2016
06
27

沖縄でドローンビジネスの先駆者に―――
「ドローンビジネスカンファレンス2016沖縄」開催

●ドローン測量 技術講習 のお申込みはこちら→

株式会社糺の森(本社:東京都千代田区、代表取締役:朝倉潤、以下 糺の森)は、沖縄でのドローン活用に関するイベント「ドローンビジネスカンファレンス2016沖縄」を7月14日(木)に開催いたします。
本カンファレンスでは、国内市場において2016年には200億円に達し、2020年には1,130億円を超える※と予想され、もっとも注目されているドローンビジネスの可能性と課題について、慶應義塾大学の米澤拓郎特任講師を迎え、幅広くご紹介します。
沖縄でのドローン事業の有意性について、基調講演、特別講演をはじめ、ドローンにかかわる課題である法制度やドローン測量の技術、ドローンによるインフラ点検のご紹介とともに、従来とは異なる視点でとらえた革新的な内容となっています。皆様方のご来場を心よりお待ちしております。

<ドローンについて>

空撮や災害時の調査、農薬散布、地形の測量、老朽化した建物の点検など、様々な分野で活用されるドローン。特に2015年は法整備が進み、人々の注目が高まったことから「ドローン元年」ともいわれています。各方面での活用が期待されるドローンですが、実際にビジネスで利用する際には、各業種の専門知識に加え、航空法や電波法、現場対応力や危険予測など、広範囲にわたる知識が必要です。糺の森は、それらビジネスに関わる全ての情報を重要と考え、研修制度や実地講習などを用いて広めていく活動をしています。

【ドローンビジネスカンファレンス2016沖縄 概要】

開催場所 沖縄セルラースタジアム 第1,2,3会議室
(沖縄県那覇市奥武山町42番地1)
開催日時 平成28年7月14日(木)14:00 - 17:00(開場13:30)
定員 100名程度
内容 【第一部】
基調講演「沖縄でドローンビジネスを始めることの重要性」
特別講演「スマートシティにおけるドローンの可能性と課題」
他 ドローンにかかわる法制度、ドローン測量の技術、ドローンによるインフラ点検

【第二部】
ドローンデモンストレーション
主催 株式会社糺の森
PDF PDF 案内状ダウンロード

■本プレスリリースに関するお問い合わせ■
株式会社糺の森 広報担当
e-mail:info@tadasunomori.com TEL:03-6261-1243 HP:http://tadasunomori.com/

●会社概要
法人名:株式会社糺の森
所在地:東京都千代田区二番町5-25 二番町テラス1208号
設立年月日:2011年12月
代表取締役:朝倉 潤
TEL: 03-6261-1243 FAX: 03-6272-3127

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。

2015
12
25

太陽光発電事業の新たな取り組み
太陽光発電ファンドが誕生しました。
2016年5月には、青森に太陽光発電所が完成されます。

■ 太陽光発電事業ファンドの構築。

再生可能エネルギー事業の一環として、青森県で行う産業用太陽光発電事業を、個人投資家も参加できる画期的な自社ソーラーファンドとして立ち上げました。

糺の森は、青森県五戸町で400Kw規模の産業用太陽光発電事業を行うにあたり、一般投資家も参加できるソーラーファンド「五戸町ソーラー合同会社」を創設し、一般の個人、法人投資家などによる投資と、金融機関からのプロジェクトファイナンスにて、建設資金を確保し、2016年5月に太陽光発電事業開始することを決定いたしました。

一般的に、プロジェクトファイナンスを組める太陽光発電事業の規模は10Mw以上であることが現在の主流となっている中で、糺の森は400Kw規模でのプロジェクトファイナンスの構築を成し遂げたことは、今後の再々可能エネルギー業界に参画する企業、個人投資家にとっての希望となるものだと確信しております。

糺の森はメガソーラー事業のコンサルタントを請け負っていたノウハウを活かし、土地整備関係、発電設備、事業申請、ファイナンス、投資スキーム、出資内容に至るまでの完全サポートを行います。糺の森が所有する太陽光案件自体でのファンド募集はもちろん、お客様所有の太陽光発電事業におけるファンド設立に関してもサポート致します。また、他の再生可能エネルギー分野でも、同様のファンド構築を全国的に進めてまいります。

太陽光発電事業

※イメージ画像

COPYRIGHT © 2011 Tadasu no Mori. CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.